カテゴリー

こんにちは(♡≧∀≦)ノ

いつもambioをご利用頂き、またブログもご覧頂き誠にありがとうございます♬

大変お待たせいたしました!!

7月のスケジュールが完成致しました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

見にくいのでHPで確認してください(;´・ω・)

 

お教室は非会員様でも1回¥900でご利用いただけますので

是非お友達やご家族とご一緒にいかがでしょうか?

 

 

本日のひと言

 

カテゴリー

こんにちは!

いつもambioをご利用頂き誠にありがとうございます。

 

トレーニング中の『水分補給』

これが私たちの体にどれほど大切なものか、皆さん考えたことありますか?

 

人間の体は半分以上が『水』でできているそうです。

赤ちゃん👶なら80%。還暦を越えられた方でも50%の水でできているそう。

人体を構成する半分以上が水なのですから、これを欠くことが健康に良いわけがありませんよね。

この水分含有量を保つことは、細胞の活性化や内蔵機能の正常化など、生命維持機能を正しく働かせるのに必要不可欠なことなのです。

 

水を飲み、体内の水分含有量を保つことは様々なメリットを生み出してくれます。 その効果は数えきれませんが、いくつか代表的な例を挙げてみましょう。

1.基礎代謝がが上がる
2.体温が上がる
3.食欲の抑制
4.美白になる
5.ニキビや吹き出物などができにくくなる
6.乾燥肌・シミ・小ジワ・たるみが改善する
7.むくみの解消
8.リンパの流れが良くなる
9.老廃物をデトックスできる
10.血液がサラサラになる

いかがでしょうか。(^▽^)/

水を飲むということは、女性に嬉しい美容面はもちろん、成人病の元ともなる肥満対策・ダイエットにも効果抜群なことなのですね。

 

今日のひと言

カテゴリー

こんにちは!

いつもambioをご利用頂き、誠にありがとうございます。

 

今日も湿度が高くて蒸し暑さを感じやすい日になりそうですね。

これから本格的な夏となりますが、皆さん紫外線対策はどうされていますか?

春先の5月くらいから、一気に強くなる紫外線…

日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなど日常生活で紫外線対策をしている方は多いですよね。

日焼けをしてしまうと、シミやシワなどができてしまうことはご存じだと思いますが、他にも顔や体に恐ろしい変化をもたらしてしまうんです。

 

恐ろしい変化①

紫外線によって引き起こされる病気として、有名なのが、皮膚がんです。
皮膚がんは紫外線のB波によって、肌の免疫力が弱くなってしまう事が原因となり、発生してしまうと言われています。

 

恐ろしい変化②

紫外線を長時間浴びてから時間が経つと、ほくろが増えていたりしませんか?
皮膚のすべての部位にできる黒色の色素班(ほくろは小さな点状のものを指し、黒あざはやや面積のあるものを指します)は紫外線が原因になり得るのです。
こちらは良性のものもありますが、中には悪性のものもあるのでほくろだと思って油断していると怖いことになりかねません!

 

恐ろしい変化③

肌のケアは万全にしていても、怠りがちなのが目。
目だって紫外線の危機に晒されているんです。
その中でも紫外線によって引き起こされると言われているのが白内障です。
白内障は黒目が白く混濁して、見えにくくなる病気です。

 

恐ろしい変化④

白内障の他に、近年注意を促されている目の病気があります。
それは翼状片(よくじょうへん)という病気で、角膜の増殖で黒目の方におおいかぶさっていき、黒目の中にしろい塊が大きくなっていき、字がぼけるなどの視力低下がおこっていくものです。
こちらも紫外線が大きく影響していると言われています。

 

肌だけじゃなく、目にも影響を与える紫外線。
是非、外出時は徹底的な紫外線対策をしてください。

日焼け止めを塗って長そで長ズボンを着用し、日傘をさす。
そしてサングラスを必ずかけるようにしましょう。
また、日焼け止めは肌に優しいSPF30程度のものを、2~3時間おきに塗りなおすのが効果的だと言われています。
ですから、手間でもそのように心がけてくださいね!

 

その努力があなたを紫外線による健康被害から守ってくれます!

 

 

 

カテゴリー

こんにちは(♡≧∀≦)ノ

いつもambioをご利用頂き、またブログもご覧頂き誠にありがとうございます♬

昨日の雨が去り、今日はまた暑い一日ですね(;´・ω・)

梅雨は鬱になりやすいってご存知でしょうか!?

 

 

・80%を超える湿度がもたらす不快感(夏の快適な湿度は50~60%くらい)

・急激な気圧の変化による自律神経の乱れ

・日照時間の減少による睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量の低下と、それがもたらす睡眠障害

・同じく日照時間不足による、神経伝達物質「セロトニン」の減少が引き起こす感情の乱れ(セロトニンは日光を浴びることで増える)

 

このように梅雨時は精神的に不快感を感じるだけでなく、体にとっても

物理的にうつ病にかかりやすい条件が揃っているそうです(>_<)

 

梅雨鬱の防ぎ方

・体を動かす

・意識的に規則正しい生活を送る

・部屋を清潔に保つ

以上のことが大切です!!

梅雨のじめじめに負けない身体つくりを頑張りましょう(*‘ω‘ *)

 

本日のひとこと

カテゴリー

こんにちは(♡≧∀≦)ノ

いつもambioをご利用頂き、またブログもご覧頂き誠にありがとうございます🎵

関東も梅雨に入りましたね!!

今日はかなり暑いですが明日は気温も下がり

お天気もかなり荒れるようですよ(-_-;)

まだ夏ではありませんが、今から熱中症に気を付けて下さい!!

梅雨の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症は多く見られます(´・ω・`)

この時期は身体がまだ暑さに慣れていないため上手に汗をかくことができず

放熱量が低くなる為、体温をうまく調節できないからです!!

また熱帯夜が続くと、夜間も体温が高く維持されてしまうため、熱中症が起こりやすくなるそうですよ(>_<)

こまめな水分補給・汗で失われた塩分補給を忘れずにして下さい!!!

 

 

本日のひと言

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788