カテゴリー
花粉症に効く内服薬💊

こんにちは!

いつもambioをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

春の兆しが見え始め、過ごしやすい陽気になってきましたが

【花粉症】をお持ちの方には非常に辛い時期でもあります。

 

「とにかく今すぐこの症状を抑えたい!!」

だけど市販のお薬もどれが自分に合うものなのか…

迷いませんか??

今日はそんな花粉症に効く内服薬についてまとめてみました!!

 

花粉症用の内服薬には、大きく分けて〖抗アレルギー成分〗のものと【抗ヒスタミン成分】のものがあります。

〖抗アレルギー成分〗=症状がまだ軽いうちから服用するのがベスト。

【抗ヒスタミン成分】=すでに症状が強く表れている時に効果的。(ただし前立腺障害や緑内障の方は服用できないので、要注意。)

 

その【抗ヒスタミン】には、「第一世代」「第二世代」という、効き目の違いがあることをご存知でしたか??

 

現在の主流となっている花粉症内服薬は「第二世代」といわれるもの。

それ以前からあったものが「第一世代抗ヒスタミン薬」です。

 

【第一世代:副作用があるが効き目も強い。就寝前の服用がおすすめ】

例:コンタック600プラス

辛い花粉症の症状緩和に効果的ですが、副作用として【喉の乾き】や【眠気】が表れやすいので、車の運転をする際は服用できません。また集中力や判断力も低下しやすいので、仕事中・出勤前なども避けた方がいいでしょう。

 

【第二世代:副作用が出にくく、症状が比較的軽い初期症状に効果的】

例:アレジオン

第二世代抗ヒスタミン薬は、第一世代に比べて副作用が起きにくく、また効き目が表れるまでに時間のかかるタイプです。即効性はありませんが緩やかに効いていくので、くしゃみや鼻水、鼻詰まりの症状が比較的軽いうちに服用すれば十分効果を得られます。

 

ただ、市販薬には「第一世代」・「第二世代」と記載があるわけではないので、見分けることができません💦心配な場合は薬剤師や医師に相談した上で選ぶのがおすすめです☆★☆

 

今日のひと言…

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788