カテゴリー
疲労回復には、甘いもの!?

こんにちは!

いつもambioをご利用いただき誠に有難うございます。

 

どっと疲れを感じた時、『甘いもの食べたい!!』と感じたことありませんか?

甘いもの=ブドウ糖は、脳の唯一の栄養源。

なので『適当』に食べれば良いのですが、『大量』に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇し、それを抑えようとするインスリンの働きで、逆に低血糖状態に。

つまり、上がったり下がったりの高低差(大きな変動)が、より〖疲れやすく〗してしまうのだそう💦
イライラしたり、気分が落ち込みやすくなったりすることもあるそうです。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

また、甘いものをエネルギーに変換するときには、多くの〖ビタミン類〗が必要となります。

必要以上に甘いものを食べると、ビタミン類を無駄遣いすることになるため、かえって疲労回復の邪魔をすることになります。

 

では、どのようなものを摂ると疲労回復になるのでしょうか??

 

---1番大事なのは、タンパク質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンの5大栄養素をきちんとバランス良く取ることですが、特に意識してほしいのが『ビタミンB1』『タウリン』『マグネシウム』です。

〖ビタミンB1〗は水溶性ビタミンの一種で、体の代謝に関与しています。不足すると、疲労が代謝できず、だるさの原因になります。

豚肉やレバーなどに含まれています。

また、お米を食べるなら白米よりも胚芽米や玄米、雑穀米の方がよいでしょう。

ニンニク、豆類、ナッツ類にも含まれています。

豚肉のメニューを選ぶ、定食屋さんでは雑穀米を選ぶ、ご飯にすりごまをたっぷりかけて食べるなど、簡単に取るコツはあります。

 

〖タウリン〗はアミノ酸の一種で、コレステロールや中性脂肪を下げたり、視力の衰えを防いだり、肝臓の解毒力を強化したりするなどの働きがあります。栄養ドリンクに含まれていますが、食品からも十分に摂取できます。

イカ・タコ・貝類に含まれています。しっかり噛みましょう(^▽^)/

 

〖マグネシウム〗は生体の機能維持に欠かせない栄養素の一つで、糖質や脂質の代謝、エネルギーの産生に関わっています。そのため、不足すると代謝がうまくできず、疲労の原因になることもあります。

豆類、野菜類などに多く含まれています。

朝ご飯に納豆を食べるようにしたり、おやつにナッツ類を食べるのもおススメ!

 

---ちなみに某テレビ番組【ドクターX】内にて、手術後ガムシロップ2~3個をがぶ飲みする…というシーンが毎回ありましたが、実際にはNGだそうです。これもやはり血糖値の急激な変動になります。摂取するならせいぜい1個が適量だそう。それより、豆乳や牛乳、トマトジュースなどを飲んだ方が疲労回復に必要なビタミン類も摂取できるのでお勧めです(^▽^)/

 

今日のひと言

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれ私も死んでゆく

死に方はきっと選べない

ならば生き方を選ぼう

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788