カテゴリー
熱中症

こんにちは(❤≧∀≦)ノ

いつもambioをご利用頂き、またブログもご覧頂き誠にありがとうございます❢

毎日毎日暑い日が続き、夏が苦手な私はもう夏は十分味わったので

早く涼しくならないかなと思っております(~_~;)

 

各地でも熱中症で倒れたり亡くなった方もいらっしゃるようで

心を痛めておりますm(__)m

そこで熱中症の恐ろしさを、いま一度皆様にお伝えしたいと思います!!

 

熱中症の症状は大きく3つに分かれます!

 

Ⅰ度(軽度)
熱失神 熱けいれん
立ちくらみ めまい 筋肉痛 筋肉の硬直(こむら返り)
けいれん 大量の発汗

 

Ⅱ度(中等度)
熱疲労
脱水症状による頭痛 吐き気 おう吐 倦怠感 判断力の低下

 

Ⅲ度(重度)
熱射病
過呼吸 行動障害 意識障害 ショック症状
高度な障害

 

もしも熱中症かなと少しでも思ったら早めの対応をお願いします!

 

①まず涼しい場所に移動し、体から熱を逃がします。

露出させた皮フに水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぎ、体を冷やします。

冷たいペットボトルや氷のうなどを、首筋、脇の下、太ももの付け根(内側)に

充てて皮フの直下を流れる血液を冷やします。

 

②冷たい水を与えます。(冷たい飲み物は胃の表面の熱を冷ましてくれます)

吐き気がない場合(呼びかけに反応して、意識がはっきりしている場合)は水分を摂取して下さい。

吐き気がある場合(呼びかけに反応しない、意識がはっきりしない場合)は水分を摂取しないで下さい。

大量に汗をかいている場合は、水分とともに体内の塩分も失われています。

塩分を含んだスポーツドリンクまたは経口補給液、食塩水を補給しましょう。

 

③自力で水分補給が出来ない場合、意識がはっきりしていない場合、

緊急で病院に搬送する事が最優先です!!!

 

ご自身や、周りの方の異常を感じた場合は

早めの対応をお願いします!!!

 

本日のひと言

 

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788