カテゴリー
梅雨寒(つゆざむ)

こんにちは(♥≧∀≦)ノ

いつもambioをご利用頂き、またブログもご覧頂き誠にありがとうございます🎵

 

今日は昨日の暑さがウソのように涼しいというか肌寒いくらいですね💦

雨も降っているのでジメジメ・・・

これから梅雨に入れば毎日ジメジメがいやですね(゚Д゚;)

皆様は梅雨寒という言葉をご存知でしょうか?

蒸し暑いけれども、なんとなく寒い。

それが梅雨独特の寒さです。

そんな寒さを〈梅雨寒〉とよんでいます。

しかも、体が冷えたと思ったら、すぐにお腹に来るのも特徴です。

下痢・吐き気・胃もたれ・胃痛・食欲不振 等に加えて、

お腹以外にもだるさや、頭が重い(頭重感)、

関節痛、神経痛、むくみ、喘息や皮膚病の悪化といった

「湿気」の害による症状が現れます。

湿気の害による症状は、西洋医学ではあまり取り扱いませんが、

東洋医学的に言うとポピュラーな物です。

体の中の余分な湿気による物(=「湿」)がたまって症状が出るといわれており、

その余分な湿気はからだの中の余計な水が関係しているといわれています。

溜まってしまった水や湿気をを排泄する働きを高めるような生薬や漢方薬をオススメしています。

水や湿気を排泄する方法は、4つ=尿・便・息・汗です。

これらの排泄が滞らないようにするのも東洋医学では重要視します。

水のサイクルを調節しているのは、西洋医学的に言うと、腎臓です。

腎臓の働きは水分の代謝に必要です。

東洋医学においても腎は、水の代謝を行う臓器としてもとらえられていますが、

生きる源(パワー)をつくる所、若さや元気の源をつくる場所として重要視されております。

ですので、まずは、湿気がたまらないように、水や老廃物の排泄が滞らないようにして、腎臓の元気を補う事が肝心です!

梅雨特有の、湿気でお困りの方は、腎臓の元気を取り戻して

湿気に負けない体を作ってください(^_^)v

 

本日のひと言

したい人、10000人

始める人、100人

続ける人、1人

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788