カテゴリー
大掃除☆

 

 

こんにちは!!

 

いつもambioをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

今年も残りわずかとなりました...

 

新年を迎えるために

大掃除をするという方も多いのではないでしょうか??

 

 

 

でも、

いざ掃除するとなっても用意しないといけない物も

沢山ありますよね(~_~メ)

 

 

 

なので、

大掃除の時にあると便利な物や、

ポイントなどを調べてみました!!

 

 

 

 

 

 

まず、あると便利な物♫

 

□エタノール
吹きかけるだけで嫌な臭いの原因となる菌の繁殖を防止。

□古歯ブラシ
タイルの目地や蛇口、排水口など、細かい部分の掃除に活躍。

□ゴム手袋
水周りの掃除で使用。汚れや雑菌、手荒れ防止などに。

□フローリングワイパー
専用シートをセットして、狭い場所なども楽に掃除が可能。

□古タオル
壁や床など広い場所の拭き掃除に。フローリングワイパーに挟んで使っても。

□掃除機
床のホコリ吸い取りや、ノズルを替えてエアコンや靴箱の掃除に。

□新聞紙
窓拭きに使える他、汚れものを一時的に置くシートにも。

□マイクロファイバークロス
吸水性、通気性、速乾性に優れる。細かいちりやホコリ拭きに。

□綿棒
細かい隙間の汚れ取りに。PCのキーボードにも。

□ストッキング
水周りの水アカ取りに。軽い汚れなら洗剤なしでも。

□ラップ
カビなど頑固な汚れは、洗剤をつけてパックすると落ちやすくなる。

□洗剤
水だけでは落ちない汚れに。汚れの種類で使い分けを。

 

 

 

掃除の基本!!上から下へ。

 

これは掃除をする時は基本的に高い箇所から行いましょうということです。

具体的には天井から手をつけていき、

最後に最も低い床掃除という流れを守るようにします。

この「上から下へ」が大切な理由ですが、二度手間を防ぐためです。

 

 

 

■ お風呂などの頑固な汚れの洗い方

お風呂の湯アカなど、頑固な汚れには湿布が効果的です。

汚れの部分にキッチンペーパーをあてて洗剤を吹き付けて湿布にします。

5~10分置いてから湿布を剥がしながら擦り洗いすると、汚れが落ちやすくなります。

油の混ざったホコリが落ちにくい照明の傘や、

換気扇のレンジフードなどにもオススメです。

 

■ カーテンの洗い方のコツ

カーテンは、天気の良い日に洗いましょう。

屏風のようにたたみ、大きめのネットに入れて、

洗濯機の「手洗いコース」で洗いましょう。

脱水後、すぐに洗濯機から取り出してそのままカーテンレールにかけて、

形を整えて干します。

カーテンレールや窓ガラスはカーテンを洗っている間にキレイにしておきましょう。

 

 

 

ほんの一部でしたが、

是非参考にしてみて下さい(^_-)-☆

 

 

 

 

今日のひと言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経験は

ゆるぎない

教師

 

 

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788