カテゴリー
土用の丑の日💛

こんにちは!

いつもambioをご利用頂き誠にありがとうございます。

 

今日は何の日?

土用の丑の日♫

 

ウナギの高騰が続き、なかなか我が家の食卓にお目見えしなくなった鰻さん…

 

そんな中、我らが会長がスタッフ全員に鰻弁当買ってくれましたーー!!❤神~~✦

 

スタミナばっちり!!で午後も頑張りまーす(^▽^)/

 

ところで、『ウナギ』がスタミナ食とされる由縁は、まずは何といっても『ビタミン』の豊富さ。

 

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12といずれも豊富に含むため、エネルギー代謝も効率的に行われますし、身体の調子も整います。

またミネラルではカリウム、カルシウムのほかに、鉄や銅も含みます。

もちろん魚類ですからたんぱく質の供給源となり、白身魚でありながらその味わいはいかにも脂質が豊富であることがわかりますが、魚油を摂取するにも適した食材♫

 

ウナギはうな重で楽しまれることも多くありますが、糖質を代謝するビタミンB1が豊富ですから、ごはんをエネルギーに変えるのも効率的!!→なので夜の摂取は要注意ですよ~

 

たんぱく質、脂質の代謝にも欠かせないビタミンB群を幅広く豊富に含み、エネルギー代謝の効率が良いので〖疲労回復鹿〗や〖夏バテ対策〗になるという点は、昔からウナギを土用の丑の日に食べてきた習慣が誤っていなかったことを裏付けますね。

脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンEも豊富で、『粘膜を健全に保ち』、『抗酸化作用』も発揮してくれます。

気温が高い時期は油断しがちな、『夏風邪』は意外と治りにくくしんどいもの。

ウナギで免疫力や基礎体力UP☝しましょう!

カルシウムと、カルシウムの吸収を促すビタミンDの両者を含んでいたり、貧血予防に欠かせない鉄や銅と合わせて造血作用のあるビタミンB12も含んでいたりと、個々の栄養素の豊富さはもちろん、組み合わせの良さでも優秀さを発揮している夏の救世主的食材✦

魚から摂取したいEPAやDHAを摂取するにも、ウナギは適していて、『血中中性脂肪の低下』や『血栓予防』に働き、『動脈硬化の予防』につながります。

 

ただ動物性食品から摂取するビタミンAは摂りすぎると過剰症が心配に💦

 

ウナギは夏バテ予防に“ピンポイントで上手に活用”すると良い食材のようですね。

 

 

今日のひと言

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788