カテゴリー
内転筋を鍛えよう💕

こんにちは!

 

いつもambioをご利用頂き、誠に有難うございます。

 

唐突ですが、みなさんは椅子に腰をかけ、膝をぎゅーっと閉じた状態のまま、立ち上がることはできますか?

もし、ふらついたり、立ち上がることが出来なかったら、あなたの内転筋は衰えているかもしれません( ゚Д゚)!!

また、椅子に座る時、つい脚を組んだり足首をクロスさせてしまうクセがある方、ひざを閉じたまま座っているのがキツイという方も、内転筋が弱くなっている可能性があるそうですよ~💦

 

今日は、そんな『内転筋』についてのお話しです。

 

 

まず、『内転筋』とは、内ももにある筋肉の総称です。

そもそも、骨盤はたくさんの骨が組み合わさって形成されているのですが、この骨を靭帯がしっかりとつなぎ止め、内転筋が支えることで骨盤の位置と働きをしっかり保っているのです。

なので、この筋肉が衰えると、骨盤は不安定になり、歪んだりねじれやすくなります。

骨盤が安定さを失うと、体は太ももの外側でバランスをとろうとするため、太ももの筋肉が太く大きくなり、【脚が太く】なってしまうそうです💦

内転筋が衰えると脚を閉じる力も弱まるので、常に外側に広がってしまい、【O脚】の原因に。💦

さらに、太ももが外側にねじられて面積が広くなったようにも見えるので、【実際より太く見える】という弊害も!!

 

他にも、内転筋には、脚の血液やリンパを上半身へと押し上げるポンプの働きがあります。

内転筋が委縮して柔軟さを失うと、

このポンプ機能が衰え、血液やリンパの流れが鈍くなり、【むくみ】にもつながります。

つまり、内転筋を鍛えると、

● 骨盤が整う
● 太ももの広がりを防げる
● 血流・リンパの滞りが改善されむくみがとれる
● 美脚になる

…というわけです。

ちなみに、骨盤が整うと内臓の位置も整うので、下っ腹が出る「ぽっこりお腹」や「尿漏れ」の改善🎵にも効果大。

特に女性の方は、意識してトレーニングしてみることをオススメします(^▽^)/

トレーニングの方法は、お気軽にambioトレーナーまで💕

 

まずはお気軽に無料体験&見学へお越しください!0465-24-7788